スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

トマトと赤パプリカソース

暑い夏、冷製料理に合うソースを紹介します。
トマトと赤パプリカのソースです。
トマトは良く熟したものを使用すると、さっぱり美味しくできあがります。

主に、魚料理やテリーヌ、甲殻類のフランス料理に良く合いますのでお試し下さい。


材料
トマト             2個
赤パプリカ          1個
フレンチドレッシング    100cc
コショウ           適量
タバスコ           少量
レモン汁           5cc


1.トマトは湯剥きして、中の種を取り除き果肉のみみじん切りにします。
赤パプリカは柔らかくなるまでボイルしてみじん切りにしておきます。


2.トマト・パプリカ、フレンチドレッシング、タバスコをいれミキサーにかけます。
レモン汁とコショウで味を整え完成です。


・ミキサーが無い場合は、トマト・パプリカをさらに細かくきざんで、ドレッシング等と合えるといいです。
網などで漉すとさらになめらかに仕上がるのでこちらも試してみて下さい。 

新宿のキャバクラ求人
携帯のサイト作成はこちら
サイトの売買、買取、売却センター
渋谷のキャバクラ求人はこちら
デリちゃんとヘル求人

| ソースについて | 07:58 | comments(23) | trackbacks(1) |

フランス料理の伝統的なテリーヌについて

JUGEMテーマ:グルメ
 テリーヌは日本のフランス料理でもよく登場するコース料理の前菜ですね。フランス料理の伝統的な調理方法の一つだといえます。
フランス料理ではテリーヌはパイ生地に包んであったり豚の背油などを使ったテリーヌが多いようですが、
日本のフランス料理レストランでもパテ風に作られているテリーヌをよく見かけます。
パテとして出されるものはパイ生地で包んであるもの、テリーヌは背油をつかってテリーヌ型と呼ばれる
陶器の器で焼かれた料理を指すそうです。
実際、テリーヌ自体好き嫌いが分かれる料理ですが、なかなか日本では馴染みの薄いフランス料理ですよね。
テリーヌの主な材料としては、やはり鳥や豚のレバーや
ひき肉、また野菜や香辛料を使ったテリーヌがあります。
これらを一まとめにしテリーヌ型を使って、蒸し煮にした料理でしょうか。
テリーヌも知ればとても奥が深く、自宅で手作りしたらレストランのものとはなかなか比較出来ないほど、おいしく食べれますので是非試してみてください。

あっっ、テリーヌのうんちくを語ったので、レシピはまた次回にでも・・・!

ガールズバーのアルバイト情報
埼玉の空手求人
引越しの格安サービス
水商売の求人バイト
横浜のキャバクラ求人

TOP
| フランス料理の色々な調理法 | 15:54 | comments(1) | trackbacks(18) |

ガーリックバター(パセリ風味)

JUGEMテーマ:グルメ

 簡単にできるガーリックバターのレシピを紹介します。
このガーリックバターは市販のバターを使って今回紹介しているフランス料理だけではなく
様々な料理に応用ができるので時間があるときに作りおきしておくと便利です。
バケットや料理の隠し味にガーリックバター是非試してみてください


材料
・バター    300グラム
・にんにく   2片
・パセリ    1/2房


1.バターはボールなどに写し、ポマード状にやわらかくなるまで溶かします。
パセリはみじん切りにしておきましょう。

2.溶かしたバターにニンニク、パセリを加えよくまぜあわせましょう。
混ぜたバターはよく使う分量に小分けし、ラップなどで包んで冷凍保管しましょう。

 

・簡単にできるとはいえ近年バターの値段は高くなってきてますね。。
それでも家庭に一つ新しい隠し調味料が増えると思うので試してみる価値あります!!
フランス料理にも使えるこのガーリックバターですが、ハーブや、黒コショウなどを
アクセントに加えてもおいしく作れます。

ホスト求人アルバイト募集はこちら
吉原のボディーソープはこちら
キャバクラの求人バイトはコチラ
上野のアルバイト求人!!
東京の不動産賃貸情報はコチラ

TOP

| チーズ・バター | 07:34 | comments(0) | trackbacks(1) |

合鴨ソテー 簡単バルサミコソース

JUGEMテーマ:グルメ

フランス料理の定番メニューとしてこの合鴨のローストがあります。このローストの調理法はご家庭では多少難しいかも分かりませんので、簡単にソテーしてしあげていきましょう。合鴨レシピは食べやすくて女性にも人気なヘルシーメニューでもあるので、ちょっとオシャレにフランス料理を味わってみてください。
また合鴨にはバルサミコ酢のソースでもよく合います。

材料
・合鴨むね肉           1枚
・たまねぎ              1/4
・バルサミコ酢           中さじ2
・バター                5グラム
・赤ワイン(あれば使用)   適量
・塩、コショウ            適量

・サラダ菜(お好みのサラダ菜)  20グラム程度


1.鴨肉は筋を切り、皮目に軽く切り込みを入れていき塩、コショウしておきます。サラダ菜はボールに入れドレッシングと和えておきましょう。


2.フライパンに少し多めの油を入れ、皮目から中火で静かに焼いていきます。皮がパリッと香ばしく焼けてきたら裏面も焼いていきます。(ここでフライパンに残った最初の油はできれば捨ててください)


3.裏面が軽く焼き色がついたら弱火に、蓋をして中に軽く火が入る程度に焼いていきましょう。


4.その間、バルサミコソースを作ります。小さい鍋にバルサミコ酢、赤ワインを入れトロミがつくまで煮詰めます。最後にバターで仕上げましょう。


5.鴨肉に火が入ったら皿に盛り付け、バルサミコソースをかけ、サラダ菜を盛り完成です。


・レシピのポイントは合鴨に火を入れすぎないようにすることです。これが最初の内は難しく固くなってしまいますが、アルミホイルでくるんで余熱を加える方法もありますのでこちらも参考にしてみてください。簡単にできるバルサミコ酢もいいですが、私は醤油ソースで頂いています。バルサミコ酢の代わりに醤油、赤ワインの代わりが酒、そしてバターで仕上げます。
慣れれば簡単にできるフランス料理のレシピなので実践しながら定番メニューにできるといいと思います。

歌舞伎町ホストクラブ求人
高田馬場キャバクラ求人はこちら
溝の口キャバクラ求人情報
女性の専用マッサージ
キャバクラのアルバイト

TOP

| フランス料理 肉料理 | 07:57 | comments(0) | trackbacks(4) |

トマトの冷製スープ

 今回はトマトを使った簡単にできるスープレシピの紹介です。
トマトが苦手な方もすっきり飲める冷静スープですので、ご家庭でぜひ試してみてください。
冷静スープですので板ゼラチンをつかって滑らかに仕上げるのがコツです。
トマトは完熟の甘めのトマトを使用するとよりおいしくなりますよ!!


材料
完熟トマト    3〜4個
トマトジュース 150cc
塩         適量 
牛乳       小さじ1
蜂蜜       10cc
レモン汁     少量
ゼラチン(板)  1g
パセリ      適量
 

1.トマト湯むきし、中の種を取り除き刻んでミキサーにかけます。先ほどのトマト、そしてトマトジュースを漉します。板ゼラチンは水にいれ戻しておきます。


2.1の漉したトマトとジュースを鍋に入れます。軽く火が入ったら塩、牛乳、蜂蜜、レモン汁で味を整え、板ゼラチンを加えさらに火を入れます。


3.氷をはったボールを準備し、また別のボールに2の温めたスープをいれ混ぜながら冷やしていきます。粗熱が取れたら、冷蔵庫に入れ再度冷まします。


4.冷めたトマトスープを器に盛り、上からパセリを散らし完成です。


・このトマトスープのポイントとして、板ゼラチンを加えることで冷製スープですので
なめらかなスープに仕上がります。無くても構いませんが、漉しているのでのど越しの良いすっきりとしたスープに仕上がりますので是非お試しください。

六本木のキャバクラ
高知の野菜
池袋のガールズバー
カギ救急車
昼キャバ


フランス料理レシピ集TOP

| フランス料理のスープレシピ | 17:15 | comments(1) | trackbacks(0) |

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
スポンサードリンク
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM

< /body>