スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

フランス料理マナーについて

フランス料理についてはこれまでの記事中で大体の事は理解できたのではないかと思います。
まだまだフランス料理については、深くかいていきたいと思います。

次に、フランス料理レストラン等に行った時のテーブルマナーについて書いていきたいと思います。
僕自身フランスレストランはそこまで回数行った事はないんですが、知ってる範囲でマナーを書いていこうと思います。

まずは、フランスレストランに入る・・まー入店するまでの礼儀というかマナーですが、事前予約する、といったところから始めましょう。
会社の営業でアポ無しで参上するのと同じように、レストランでもマナーとして必ず事前予約してからフランスレストランに向かうのがやはり、良いようです。

というのは、高級店になれば、それなりに予約無しでも入れることには入れますが、フランスレストラン側もそれ相応の準備がかかります。マナーが大切なのです。
そうなりますと30〜40分待ちが当たり前です。

マナーはあくまで、第一に自分たち、食事をしにきた私たちが楽しむためのマナーだと思います。



その次に、他者の見解が、いわゆる見た目というやつが、入ってくるのではないでしょうか。
電話マナーとして、まずは、2〜3日前には電話し、人数、時間を伝えておくと良いと思います。
補足として、好き嫌いや、その日の希望コース料理、または誕生日等の特別行事を聞いてくれる、フランスレストランもありますのでそーいったことを質問してみるのもアリだと思います。
料理やレストランに関して質問するのはけして、マナー違反ではないので楽しむため、マナーを守るためにフランスレストラン側には堂々と聞きましょう。

また、その予約当日に早めに、人数変更や、遅れることが分かった場合には、レストラン側に出来るだけ早めに連絡を入れてあげる、これもマナーの一つです。

自分たちのためにフランスレストラン側は準備してくれているわけですからこーいった電話マナーは基本だと思います。


なぜ、電話予約、フランスレストランに入る前にまでこーいったマナーに気をつけないといけないかというと、やはり、フランス料理レストランだけではなく飲食するお店全般に言えることですが、食べる側にも守らなければならない最低限のルールが存在します。
ここではルール=マナーですがやはり、マナーを破って、せっかく楽しみに予約したレストラン側に損害を与えるわけにはいきません。

例えばコース料理を聞き逃したばっかりに、自分のまたは相手方の希望に添えない料理が出てきたり、人数を伝えわすれたがために、テーブルがセッティングされていなかったり、最悪、店を出てしまい、フランスレストラン側自分達=お客側、双方がマナーを守れなかったばっかりに不快な思いをする事もあります。

おおげさに電話マナーについて書いているかもしれませんが、せっかくの美味しい料理をまたその時の楽しむためにたったこれだけ守れていれば、フランスレストランにスムーズに来店できる事を考えればマナーを守っておいて、損はないと思います。

必ず自分にとって、レストランで楽しむためのプラスの効果がマナーを守ることで発揮できます。




フランス料理TOP


続きを読む >>
| 電話マナーとは | 13:41 | comments(0) | trackbacks(2) |

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
スポンサードリンク
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM

< /body>