スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

フランス家庭の味、ポトフ

JUGEMテーマ:グルメ

 ポトフは日本でも良く知られている、代表的なフランス家庭料理です。
日本ではこのポトフ、西洋おでんなんて呼ばれたりしています。じっさい和食のおでんでも出汁に具をつけていますがこのポトフも同じような感じで見た目が似ていますね。フランス料理には珍しく煮込み料理にしてはとてもシンプルな調理方法です。

ポトフレシピもブイヨンのみで煮込んでいきますので、この辺のほぼ食材と、出汁のみという所もポイントです。
作り方はシンプルなだけに、やはり食材の味、ブイヨンの取り方がポトフの味を左右すると思いますので、この辺を押えながら作ると美味しく出来上がります。フランス家庭料理はどの国の料理もそうですが、やはり基本はシンプルに、食材の味わいが引き出される調理法が多いです。基本をしっかり押えなければ美味しくできないわけですね、、、フランス家庭料理も実に奥が深いと思います。


材料
ブイヨン            1.5L
人参               1本
玉ねぎ              1個
煮込み用牛肉         500g
西洋ねぎ(ポワロ)      1本
芽キャベツ           10個位
ジャガイモ           2〜3個
ニンニク            2片
ローリエ            2枚
白粒コショウ         6〜7粒
クローブ            4〜5本
塩・コショウ          適量


1.野菜類は玉ねぎは丸のままクローブを刺し、ニンジン・ジャガイモは食べやすい大きさに、ポワローは半分に切り出しておきます。
 ブイヨンも準備しておき、 ニンニクは潰しておきましょう。


2.深鍋に牛肉と、ニンニクをいれブイヨンを加え沸騰するまで強火で煮込みます。アクは必ずすくってください。


3.一度沸騰したら、弱火にし、ニンジン・ポワロ・ジャガイモを入れ再度弱火で30分程度煮込み、次に芽キャベツローリエ・白粒コショウを入れさらに煮込んでいきましょう。


4.塩・コショウで味を整えたら野菜がクタクタになった頃に火を止め、ポワロは食べやすい大きさに、白粒コショウはできるだけ取り除いて皿に盛り完成です。


・レシピの2、3では一度沸騰させたら後は静かに弱火で煮込んでいきましょう。決してぐらぐら煮立たせてはいけません。
ポトフで使う肉は、今回は牛肉ですが、角煮などで使われる豚肉のブロックや、骨付きの鶏モモ肉なんかをつかってもそれぞれ美味しくできますので。。
オススメは、牛肉のすね肉&ソーセージのミックスです!!ポトフを盛った皿の淵に、粒マスタードをたっぷり沿えていつも食べます、最高っすよ!!そして、すね肉でポトフにおいしい出汁と共に柔らかく仕上がります。





フランス料理レシピ集TOP

| ポトフレシピ | 13:51 | comments(1) | trackbacks(2) |

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
スポンサードリンク
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM

< /body>