スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

フランス料理の伝統的なテリーヌについて

JUGEMテーマ:グルメ
 テリーヌは日本のフランス料理でもよく登場するコース料理の前菜ですね。フランス料理の伝統的な調理方法の一つだといえます。
フランス料理ではテリーヌはパイ生地に包んであったり豚の背油などを使ったテリーヌが多いようですが、
日本のフランス料理レストランでもパテ風に作られているテリーヌをよく見かけます。
パテとして出されるものはパイ生地で包んであるもの、テリーヌは背油をつかってテリーヌ型と呼ばれる
陶器の器で焼かれた料理を指すそうです。
実際、テリーヌ自体好き嫌いが分かれる料理ですが、なかなか日本では馴染みの薄いフランス料理ですよね。
テリーヌの主な材料としては、やはり鳥や豚のレバーや
ひき肉、また野菜や香辛料を使ったテリーヌがあります。
これらを一まとめにしテリーヌ型を使って、蒸し煮にした料理でしょうか。
テリーヌも知ればとても奥が深く、自宅で手作りしたらレストランのものとはなかなか比較出来ないほど、おいしく食べれますので是非試してみてください。

あっっ、テリーヌのうんちくを語ったので、レシピはまた次回にでも・・・!

ガールズバーのアルバイト情報
埼玉の空手求人
引越しの格安サービス
水商売の求人バイト
横浜のキャバクラ求人

TOP
| フランス料理の色々な調理法 | 15:54 | comments(1) | trackbacks(18) |

フランス料理の基本的な調理法

フランス料理での基本的な調理法を紹介します。
フランス料理でよく使われなおかつ、重要な調理法が出し汁(フォン)です。
食材を調理したりするのはもちろんの事、蒸し煮したり、フランス料理のソースを作るときの基となる大切な調理法です。
代表的なフォンには、フォン・ド・ボー、フュメ・ド・ポワソン、ブイヨン(鶏がら)
クール・ブイヨン、コンソメ、オマールの出し汁(アメリケーヌなど)など、まだまだ
フランス料理にはたくさんのフォンがあります。
次に、焼くといった作業の中、バターを頻繁に使うフランス料理の中で、『ソテー』する
ことも基本的な調理法です。
一般に茹でた野菜などを、バターを使っていためるわけですが、実は作業方法で味も風味
も違ってくるので注意が必要です。
例えば、茹でた野菜をソテーするときには、やはり水分は完全に抜くようにして炒めなければなりません。
中途半端に、水分が残った状態でバターを加えたりすると、旨味も風味も損ないます。
バターを重要視するフランス料理では、ソテーするという調理方法はとても重要なのです

また『蒸し煮』というのもあります。
フランス料理では蒸すといった調理法はよく、使われますので、この基本的なやり方も知っておくととても便利です。
フランス料理での蒸すことの旨味はとても奥が深いものです。

このほかにも、フランス料理では様々に調理方法が存在します。



フランス料理TOP





| フランス料理の色々な調理法 | 13:52 | comments(0) | trackbacks(0) |

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
スポンサードリンク
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM

< /body>