スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
<< フランス料理マナーについて | main | ソースとは?(フランス料理におけるソースの種類など) >>

チーズその2〜世界のチーズ〜

チーズフランス料理でもたくさん使われます。フランス料理だけではなく、もちろんそのままチーズのみワインと一緒に食べる、なんてことも多いです。では、フランス料理では、いったいどういった形で、チーズは存在しているのでしょう。
前回はあまりチーズに関しては書かなかったので、フランス料理も交え少し深く世界のチーズに関して書いてみます。

チーズといってもその種類は様々です。一般にスーパーで売られているクリームチーズから西欧のフレッシュチーズ、発行させた青、白カビチーズ、ハード系のチーズなど実にいろいろな種類が存在します。
ここでは、世界にあるチーズを紹介していき、チーズケーキなどのチーズを使ったレシピも紹介していきたいと思います。

チーズは主に、フランス料理やイタリア料理などを代表する世界各国で大昔から人々に食されてきました。



チーズはフランス料理の発展と、それに携わる人々との間で、独自に発展してきたといえます。
家畜の乳を保存食とするために大昔に考案された、保存食のチーズですが、ヨーロッパだけではなくこのチーズは、アジア、インド(パニール)や、中国のルーシャン、大良牛乳、そして日本でも昔、蘇と呼ばれるチーズに似た食材がありました。
特にインドでは、宗教上動物の殺生が禁止されていたため、タンパク質源として、チーズが食されていました。
昔から、主なタンパク源としてチーズは世界各国で食されていたようです。
チーズは日本でもおなじみの食材になりました。例えばここ数十年でクリームチーズを使ったフランス料理も頻繁に出てきましたし、アジアでのワインブームとして多くのチーズが、またはフランスレストラン等でも食されるようになってきた事も事実です。
チーズはもともと、牛や水牛、ヤギなどの乳を凝固したり醗酵したりして作られるものですが、その原材料の乳の種類や凝固、醗酵など加工方法の違い、またカビを使ったりとチーズが作られる過程によって様々な種類に分けられます。
一般に日本でよく見かけるチーズは、その多くがプロセスチーズに代表される長期保存を可能にしたものがほとんどだし、フランスやイタリアの西欧各地以外によく食されていることと思います。
また、ナチュラルチーズではその種類も豊富です。
フレッシュチーズに代表されるモッツァレラチーズ(原産国イタリア)や、カッテージチーズ(原産国オランダ)また先ほど紹介しましたインドのパニールや、中国のルーシャンなどがフレッシュチーズの代表格です。

ウォッシュチーズでは、代表的なフランスの白カビチーズ(カマンベールチーズなど)プルーチーズ(俗に言う青かびチーズでロックフォールやゴルゴンゾーラなど)があり、その他にもペコリーノチーズやシェーブルなどの羊やヤギの乳を原料としたチーズ、そして一番みなさんに馴染みのある粉チーズの原料でもある、パルミジャーノ・レッジャーノチーズは、ハード系のチーズに分類されます。
このように見ても世界だけでもたくさんのチーズがあり、その中でその国の風土や文化にあわせた、加工の仕方や原材料で本当にさまざまなチーズがあります。

イタリアやフランスなどは、特に料理の文化を知るときなんかはチーズの文化を照らし合わせてみるとフランスなどのその国の食文化がみえてくると思います。


バスタやグラタンなどはそうですが、特に料理で多く使われるので注目したいのがお菓子につかわれるクリームタイプのチーズだとおもいます。
日本ではレアチーズケーキなど人気ですがこのクリームタイプのチーズが頻繁に使われます。

塩分の少ないチーズ(クリームタイプやリコッタ、マスカルポーネなど)が使われます。
また、パンなどにもよくチーズが使われるようです。
その栄養価も高く保存用としても優れているチーズ。なにより世界中でひたしまれている食材はなかなかありません。

フランス料理では、ブリーチーズ(フランス、ブリー地方)や先ほど記述しましたカマンベール(フランス、カマンベール原産)ロックフォール(フランス南部ミディ、ピレネー地域圏アヴェロン県原産)、ポン・レヴェック(フランス、ノルマンディー地方原産)などフランス各地だけでもこれだけのまだまだたくさんのチーズがあります。




フランス料理TOP


| チーズ・バター | 15:30 | comments(0) | trackbacks(7) |

スポンサーサイト

| - | 15:30 | - | - |
Comment









Trackback
url: http://rikuruto77.jugem.jp/trackback/12
http://m-summon.com/837483898393835897BF979D/
フランス料理フランス料理とは、16世紀にイタリアよりもたらされた、当初はフランスの宮廷料理だった献立の総称。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License:GFDL
2007/10/22 2:11 PM, from 世界の食文化
こんにちは
ブログ管理人様、突然のご挨拶を失礼致します 私たちは「キレイになろう!」をテーマに美容に関する様々な情報サイトを運営しているものです。 皆様の日常生活にお役に立てる情報を随時、掲載していきますので、何卒、よろしくお願い致します 尚、このトラックバックが
2007/10/04 2:36 PM, from キレイになろう!応援サイト
ゴルゴンゾーラチーズとくるみの舞茸パスタ
ローズマリーの花初めて咲いてくれましたひまわり絵日記 クリツマさんのお造りになったポークソテーゴルゴンゾーラチーズとくるみの舞茸パスタ黒マイタケ500g 送料無料大SALE中ベネデ...
2007/09/24 1:41 PM, from ドラゴンストーリー Gourmet Concierge
赤パフリカペーストと山羊のチーズ(カステルマーニョチーズ)のフェットチーネ
アベリアの花Bonjour!アコさんがお造りになった秋刀魚の佃煮赤パフリカペーストと山羊のチーズ(カステルマーニョチーズ)のフェットチーネディチェコNo.303 フェットチーネ 250g カステルマーニ...
2007/09/20 3:24 PM, from ドラゴンストーリー Gourmet Concierge
仔牛のヒレ肉とポルチー二茸
ツバキの実です、秋の到来を感じます。オーストラリアの仔牛のヒレ肉です。お安い割にはかなり美味しいです。ぜひお薦めします。オーストラリア産 仔牛フィレ肉 とても柔らかく、脂肪分の少ないオーストラリア産...
2007/09/17 10:34 PM, from ドラゴンストーリー Gourmet Concierge
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
2007/09/16 3:26 PM, from -
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
2007/09/15 4:25 PM, from -

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
スポンサードリンク
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM

< /body>