スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
<< フランス家庭料理の香辛料、香味野菜とは? | main | イタリアンパスタについて >>

フランス料理の基本的な調理法

フランス料理での基本的な調理法を紹介します。
フランス料理でよく使われなおかつ、重要な調理法が出し汁(フォン)です。
食材を調理したりするのはもちろんの事、蒸し煮したり、フランス料理のソースを作るときの基となる大切な調理法です。
代表的なフォンには、フォン・ド・ボー、フュメ・ド・ポワソン、ブイヨン(鶏がら)
クール・ブイヨン、コンソメ、オマールの出し汁(アメリケーヌなど)など、まだまだ
フランス料理にはたくさんのフォンがあります。
次に、焼くといった作業の中、バターを頻繁に使うフランス料理の中で、『ソテー』する
ことも基本的な調理法です。
一般に茹でた野菜などを、バターを使っていためるわけですが、実は作業方法で味も風味
も違ってくるので注意が必要です。
例えば、茹でた野菜をソテーするときには、やはり水分は完全に抜くようにして炒めなければなりません。
中途半端に、水分が残った状態でバターを加えたりすると、旨味も風味も損ないます。
バターを重要視するフランス料理では、ソテーするという調理方法はとても重要なのです

また『蒸し煮』というのもあります。
フランス料理では蒸すといった調理法はよく、使われますので、この基本的なやり方も知っておくととても便利です。
フランス料理での蒸すことの旨味はとても奥が深いものです。

このほかにも、フランス料理では様々に調理方法が存在します。



フランス料理TOP





| フランス料理の色々な調理法 | 13:52 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 13:52 | - | - |
Comment









Trackback
url: http://rikuruto77.jugem.jp/trackback/9

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
スポンサードリンク
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM

< /body>